奈良市内を中心にヨガをお伝えしています。ヨガのまわりー日々の何気ない暮らしーで感じることや考えることを綴りながら、自分や世界と深くつながっていけたらと願う気ままな日記です。

手紙、うれしや

高校時代の友人から手紙が届いた。
その前日に、夫に「〇〇は元気かな~?」と話していたところだったので、あぁやっぱり何か察していたんだなぁと思った。離れたところに住んでいたり、なかなか会えないけれど大切な友人たち。ふと思い出すと手紙が届いたりメールが届いたり、離れていてもちゃんとつながっているのだなといつも思う。どうか元気にしあわせでいてほしい。


その友人からの手紙、ナマケモノのイラストのレターセットに美味しそうなラーメンの切手が貼ってあった。(わたしたちが福岡出身だからかな?)他にも手紙をくれる友人たちはこのあたりのチョイスも考えられていて楽しませてくれるから大好きだ。


今の中高生はスマホで気軽にやりとりできるからあまりやらないのかもしれないけど、わたしの時代は授業中に手紙を書いてやりとりするのをよくやった。
休み時間になると長方形やハート型に折られた手紙をもらったりあげたり、その友人ともよくやりとりをした。もらった手紙を授業中にこっそり読んで、あんまり好きじゃない教科の授業のときにこっそり返事を書くのが好きだった。
何の内容だったのかはもう覚えていないけれど、イラストが得意なその子が手紙の端に描いていたお尻の絵が妙にリアルで大事にとっておいたのだけれど、あの手紙に他の手紙たち、どうしたんだろう。処分したような気もするし、もしそうだとしたらちょっともったいないことをしたな。きっと赤面まちがいなしなんだろうけど改めて読んでみたいなと強烈に懐かしい。

お互い結婚したり子どもを産んだり家族が増えて、家を行き来するようになって、でも今でもまだ少し不思議な気持ちになることがある。あれ?わたしたちの関係はあの頃のままのつもりなのに?って。いくつになっても出会ったときの印象って強く残っていてなかなか消えないものなのだな。

そんなことを思い出しながらわたしも楽しい返事を書こうと思って郵便局に切手を買いに行った。
窓口にぶら下がっていた切手を眺めていたら、局員さんが他にもありますよとファイルを貸してくれた。ペラペラめくっていたら「ぐりとぐら」のシートがあって即決で”ぐりとぐらにします”と答えたら、なんだか局員のお姉さんもうれしそうなちょっとウキウキした様子が伝わってきた。手紙を書く人も減っているのだろう。でもきっと絶対に手紙の文化は無くならないと思うので、すてきな切手を発行しつづけてほしい。ちなみにわたしの夫は子どもの頃から切手を収集していてさすがカッコイイのを色々持ってますわ。決して使えないのだけれどね。

さて、午後のぽかぽか陽気の窓辺でゆっくりと返事を書こう。