日々感じることを綴りながら”今”を味わっていたい、そんな気ままな日記です。

秋のリトリートおわりました

昨日瀬戸の山水ラボラトリーから奈良へと帰ってきて、今日からいつも通りの日々。

参加してくれたみなさんはその後どんな風に過ごしてらっしゃるかな。ヨガでもそうだけど、その時間だけで完結することじゃなくて、その後も変化が波のように大きく小さく続いていくもので、それもひとつ味わい深いところで、そこまで含めて全体でひとつのものとして収まっていくものだと思っている。だからみなさんどんなかなーって気になって、そしていい日々を過ごしていらっしゃるようにと、心から願う。

わたしは最後、帰宅前にまいちゃんとゆっくりオーナメントをまた作って、おしゃべりして、ちょっと愚痴のようなものを聞いてもらった、あはは。そして奈良まで車をぶいーんと運転して帰ってきたのだけれど、その道中ながいながいトンネルを抜けているような感覚があった。後ろへ全部びゅんびゅん流れていく。迷っていたことやもう必要ないものが遠くにさっていってどんどん洗われていくようで不思議と心地よかった。

戻ってきたのはいつもの我が家。でも無性に愛しく感じたし、翌日のヨガのレッスンが楽しみだなぁと思った。わたしもリトリートを終えて、ふんわりと綿毛のようにいい具合に着地できたようだ。そう思えることがまたうれしくてお腹の底から力がわいてくるような気持ちになった。

ふんわりと着地して、そして日々をふんわりとやさしく見ていようと思った。ぎゅっとみつめた焦点をふわっとゆるめるのだ。きっと今のわたしにはそれがひとつポイントで、そしてもうひとつは詰め込みすぎる予定を少し減らすこと。遊びもほどほどに。日々に余白と静寂がどうしても必要なのだということもよく分かった。人それぞれ、それがわたしのペースだから仕方ない。それで真ん中に届かなくなる方がよっぽど不安に不安定になるのだということに気付いた。

これから冬をむかえてじっくり落ち着くにはいい季節。少しペースダウンでいこう。

そしてリトリートのことや色々ぼちぼちアップしていこー。と思っています。



kohiru life

地球と深呼吸、心地よく健やかに nature / yoga / life