奈良市内を中心にヨガをお伝えしています。ヨガのまわりー日々の何気ない暮らしーで感じることや考えることを綴りながら、自分や世界と深くつながっていけたらと願う気ままな日記です。

海に行った

連日驚くほどに暑い。夜になっても暑さが残ったまま、そのまま朝がきて涼しく感じる間がないのが堪えるなーと思う。ふっと息をほどいて休む間がないという感じ。

先日の大雨で被害に遭われた方たちへ、心からお見舞いを申し上げます。そしてこの暑さの中での連日の復旧作業、言葉にするのに臆してしまうほど、本当に大変なことだと思います。ほんの束の間でもふっと息をほどける時間、体だけじゃなくて心も休める時間がありますように、と切に願います。

募金、ボランティア、色々な方法でできることを、と心からそう思う。そして離れているからこそまずは元気に前向きにありたい。先週、喜びがはじけたようなclammbonの3人のライブ、圧巻のパフォーマンスを見て、そう思った。上手く表現できないのだけれど、内に宿す光を、力を萎縮させる必要はなくて、すべてはその在り方からしかはじまらないのだと。

水の災害、恵みの水・・・、ひとつのもののいくつかの側面。何をどう見ていくのか。学びのときでもあるのかもしれない。恐れることも、愛することも、どちらも許されていて。その深さこそがまさしく地球が、神様が与えてくれた愛だなぁと。

わたしはひんやりぽっかり海に浮かべてもらってクールダウン。ぷかぷかと水の上でただようだけで頭の中がからっぽになる、周りとのさかい目も消えてしまうよう。いつまでだってこうしていられる気持ちになる。それから海がくれる自由は特別。感覚が海をキャッチすると細胞の太古の記憶が蘇るような気がする。どこまでもさえぎるものなく動き回れる自由を喜んでいる別の感覚を感じる。

山も好き。でも海や川が近い暮らしも憧れる。

とは言っても幼少期に映画「ジョーズ」シリーズを見すぎたわたしと姉は、今でも海にちょっとだけトラウマを抱えているのだけれど。子どものときの体験と記憶っていつまでたっても大きいなぁ。


(写真は鳥羽の海)