奈良市内を中心にヨガをお伝えしています。ヨガのまわりー日々の何気ない暮らしーで感じることや考えることを綴りながら、自分や世界と深くつながっていけたらと願う気ままな日記です。

コンポストを作る ①



ずっと作ってみたかったコンポスト、キエーロを作った。

昔からパーマカルチャー的な暮らしに憧れていて、少しでも暮らしの中に循環を生み出したいと思ってきた。とは言っても借家暮らしでできることは限られていて、野菜クズなどの生ゴミを堆肥化する→それを使って植物を育てる、という程度で小さなバケツコンポストを主に使ってきた。

5年前にこの家に越してきてからもずっとそれを続けてきたけれど、漠然と使いにくさを感じていた。改めて考えてみると、コンポストに入れられる量が少ないこと、ある程度バケツがいっぱいになった後の堆肥化のプロセスが少量の割に手間で面倒くさく感じてしまったこと、である。それで中途半端になって、植え付けをするときに結局土や堆肥を購入して、何をやっているんだろうと感じる状況になってしまっていて、本気でそれを打開したいと思った。

今の家には小さいけれど庭がある。5年暮らしてみてようやくこの庭とのリズム、どんな風にしたいのかを考えたときの必要な様々なものや方法が見えてきたように感じていて、そのタイミングもあってやっと重い腰を上げてキエーロを作ることにした。そして同時に庭そのもののデザインも変更することにした。

と、いうことでキエーロ。 以前に買った「のらのら」という子ども向けの農業雑誌に作り方が書いてあってそれを参考にした。ホームセンターで材料を購入して、約8,000円程度かかった。購入したのは杉板、ポリカーボネートの波板、波板用の釘、防腐剤だけど、今思えば防腐剤は柿渋で代用できたかもしれない。

設置する場所からサイズを割り出して、700mm×500mm、高さ420mm程度。雑誌に書いてあったサイズより小さめなので実際のサイズだと材料費がもう少し高くなると思う。

発案は私、実行部隊は主に夫、休日の午後にビールを片手に庭で作成開始。私は草取りをしながら時々呼ばれて助手を務める。釘を打ったり、板を押さえたり、その程度。器用な彼がいてくれて本当によかった。2時間程度でほぼ完成した。防腐剤は翌日塗ることにして作業終了。翌日一人で防腐剤を塗って、細かい調整を週末に彼がまたしてくれることになっているので、それまで乾燥させつつ嬉しく眺めている。

つづく。